ニキビ治療で美しく

レーザー治療の回数

ニキビの相談はお早めに。

ニキビが炎症を起こすと、跡が残るケースがあります。

ニキビ跡の中でも色素沈着タイプのものは、美容皮膚科などで受けられるニキビレーザー治療で改善が可能です。
そもそも、なぜニキビから色素沈着タイプの、ニキビ跡ができるのでしょう。

ニキビに刺激が加わったり紫外線を浴びてしまうと、大量のメラニン色素が作られます。

通常、メラニン色素は垢として排出されますが、そのまま排出されず残ってしまうと、色素沈着を起こすのです。

天然の日焼け止め!メラニン色素の働きに迫る

日焼けをすると肌が黒くなるのはメラニン色素の働きによるものですが、それはなぜかというと
肌を紫外線から守るバリアとなるためです。

というのも、肌の奥まで届いてしまうと、活性酸素がつくられて細胞が壊されたり変質し癌化したりします。
そこで紫外線によるダメージを感じると、メラノサイトというと色素形成細胞ではチロシナーゼという酵素の活性化を促します。

チロシナーゼは、活性化すると酸化してチロシンというアミノ酸からメラニン色素をつくります。
メラニン色素により肌の表面が黒くなると、有害な紫外線は吸収は途中で吸収されます。
これにより、活性酸素の発生を防ぎ肌細胞を守るのです。

もし、メラニン色素がなければ、紫外線による影響は大きくなり美容だけでなく健康も損なわれてしまいます。
メラニン色素は若く健康な状態であれば、新陳代謝(ターンオーバー)によって
徐々に古い角質とともに押し上げられていき、最後は垢となって剥がれ落ちます。

ところが、加齢やストレスなどの影響でターンオーバーが乱れてしまうと、いつまでも古い角質が残り
メラニン色素は排出されることなく残ってしまいます。これがシミの原因となります。

ですから、シミの解消・予防をしたいならば、十分な栄養と睡眠などを心がけて
肌の健康を高め自然に排出していくことが必要です。

レーザー治療の効果は?


レーザー治療はメラニン色素を破壊する、特殊なレーザーを肌に照射するという特徴があります。

効果が出る破壊されたメラニン色素は、徐々に皮膚表面に浮かび上がり、やがて排出されるのです。

何回ほどの施術で効果が実感できるか、気になる方も多いでしょう。

レーザーでのニキビ跡治療の場合、色素が薄い場合は1回で、濃い場合でも5回程施術を受ければ
改善されると言われています。

下手に触って、きつい跡にならないうちに、気になる方は早めの治療がおすすめです。
また治療方法によっては、保険が効くこともあります。
まずは担当の医師に相談してみてはいかがでしょうか?