ニキビ治療で美しく

にきび治療中の化粧

ニキビの相談はお早めに。

皮膚科に通ってニキビ治療を受けている人が普段の生活で化粧をしても良いかどうかは
注意点を守って行えば大丈夫ということになります。

化粧

まず、皮膚科に行ってニキビ治療をしてもらう時は化粧はしない方が良いでしょう。
その理由は、メイクをしていると医師が患者さんの肌の状態をうまく診察出来ない危険性があるからです。

そのため、ニキビの診察のために病院に行く時はすっぴんで行くのがおすすめですが、
仕事帰りに病院に寄って帰りたい場合などは、メイク落としを持って行って受診する前に
メイクを落としておくのも良いでしょう。

次に、皮膚科でニキビ治療をしている人が普段の生活で化粧をする場合は、
赤ニキビを隠そうとしてコンシーラーやファンデーションを厚塗りするのは
ニキビを悪化させるリスクが大きいのでやめた方が良いと言えます。

ファンデーションを塗る時は、リキッドファンデーションのように毛穴に詰まりやすいメイク道具は避けて
パウダリーファンデーションを薄くつけ、メイクを落とす時にもゴシゴシ洗わなくても落ちるような状態にしておくのがおすすめです。

また、ニキビを悪化させずにメイクをする方法としては、「ノンコメドジェニック」という表示がある
メイク用品を選ぶのも良い方法となります。

ノンコメドジェニックの表示はニキビが出来にくい成分で作られている化粧品についているもので、
メイク下地や日焼け止め、ファンデーションなどにも見つかります。

ファンデーション

ノンコメドジェニックのメイク用品には、ニキビの原因になるアクネ菌の養分になりそうな成分が
含まれていないため、ニキビの悪化を防ぐことが期待出来ます。

毎日メイクをする必要があるけれど、なるべくニキビが悪化するのは防ぎたいという人は
使ってみると良いのではないでしょうか。

ニキビ治療中にメイクをするならニキビの出来ている部分を覆い隠すのではなく、
アイメイクや口紅などを明るい色にして目立たせると人の視線がニキビに集まらなくなる効果が期待出来ます。

メイクを落とした後はしっかりと保湿をするのが大切になりますが、スキンケア用品もノンコメドジェニックのものを使うようにすると安心でしょう。