ニキビ治療で美しく

皮膚科でもらえる外用薬

ニキビの相談はお早めに。

ニキビがなかなか治らなくて困っている人や早めに治したい人は
皮膚科で外用薬を処方してもらってニキビ治療をするのがおすすめです。

ニキビには白ニキビや赤ニキビなどの種類があり、状態によって
使った方が良い外用薬が異なります。

自分でドラッグストアなどで薬を買って治そうとすると、ニキビの種類や
状態に合わせた使い分けが難しいため、早い改善を目指すなら
皮膚科でニキビ治療を進めるのが良いでしょう。

早期治療

皮膚科を受診すると、赤ニキビや膿を持ったニキビが出来ている人には
抗菌作用のある外用剤を処方することが多いです。

抗菌剤は患部に塗ると、殺菌効果や炎症を抑える効果が期待出来るので
症状の改善に役立ちます。

また、抗菌剤とともにアダパレンという有効成分が配合された外用剤が処方されることも多くあります。

アダパレンには毛穴の詰まりを取り除く作用があるため、毛穴を広く開けて
皮脂が溜まることを抑え、ニキビを出来にくくする効果が期待出来ます。

アダパレンを使うと、ニキビの初期状態である白ニキビの改善が期待出来るので
抗菌剤で赤ニキビを治した後に、アダパレンを塗ってニキビの再発を防止するという方法が
保険診療のニキビ治療ではよく使われています。

その他に皮膚科でもらえる塗り薬には、過酸化ベンゾイルを有効成分にしたゲルもあります。
過酸化ベンゾイルは、ニキビを引き起こす原因になるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌する作用を持っており
毛穴の詰まりを改善する働きもあるため、白ニキビから黒ニキビ、赤ニキビにまで改善効果が期待出来ます。

外用剤の知識

それに加えて過酸化ベンゾイルの良い所は、従来良く使われていた抗生物質とは違って
耐性菌が出現しにくい点となっており、長期使用にも向いているので近年処方されることが増えてきています。

それ以外にもイオウ製剤がニキビの治療のために処方されることがありますが、イオウ製剤は
皮脂の分泌を抑えたり角質を柔軟にすることで毛穴の詰まりを防ぐ効果が期待出来るという
特徴があり、アクネ菌の殺菌効果も持っています。

効率良くニキビ治療をしたいなら、自分の状態に合わせた処方を受けるために受診してみてはいかがでしょうか。