ニキビ治療で美しく

レーザー治療は美容対策の1つ

ニキビ跡の治療方法としてレーザーがあります。
皮膚の再生能力を促進してニキビ跡を改善する方法ですが
レーザーの照射によって皮膚がダメージを受けることがデメリットになります。

被害を最小にできるかも

色素沈着などの軽度のニキビ跡であればレーザーの出力は
抑えられるためダメージも小さくなりますが
クレーター状のものを改善するには出力を強くしなければなりません。
これにより施術後に赤みが残り、3か月程度は残ることがあります。

また、施術から1週間程度は赤みが強くなるためガーゼを当てて
生活しなければならないため目立ってしまいます。

医師が出力の調整を誤ればやけどを起こし、しみなどになってしまう場合もあるため
どこで治療を受けるかも重要になります。

またレーザー治療を受けた後は、紫外線に注意しなければいけません。

健康への近道

他にも化粧をなるべくしない方がいいなどの注意もあるので
治療を受ける期間は事前にスケジュールを確認してから決めることをおすすめします。